今日のパリ:クリスマス風景からテロ現場まで

パリの同時テロからもうすぐ2週間。普段はパリ市内に赴く用事なんてそんなにないのに、この2週間けっこうな頻度でパリ行きの電車に乗っている。

今日は日本大使館に用事があったので、その足でパリをフラフラすることにした。2週間、殆ど毎日フランスのニュース専門チャンネルをつけっぱなしにしてテロのことばかり考えていた私。

そして同時に、今から18年くらい前に知り合い家族ぐるみで仲の良かったシリア人の夫婦とその息子2人の行方を探している。彼らと知り合ったのは私がフランスの地方都市で留学をしていた時。その頃、私たちの周りにはイスラム教の友人がたくさんいた。彼らはフランスで肩身の狭い思いをしていたり、フランス語が不自由で苦労したりしており、Tellyは彼らの愚痴を聞いたりフランス語の学業の手伝いをしていた。

私も彼らが作ってくれる中東や北アフリカのご飯がとても美味しく、未知の国への憧れもあって奥さん連中や子供たちと仲良くさせてもらっていた。私たちがフランス→日本→フランス→イギリスと引っ越しの生活が続き、彼らと連絡を取らなくなってしまって10年近く…

最後にこのシリア人の一家と再会したのは今から約10年前。元々ブルカやヘジャブなどはかぶらず、派手めでオシャレな奥さんで豚肉を食べない、お酒を飲まない、ラマダン(断食)月を守るくらいの一般的なイスラム教徒だった。

10年前に再会した彼らは「最近ワインを飲むようになったの!」と嬉しそうに話してくれた。私たちはビックリしたのだが「せっかくワインで有名な国に縁あって住んでいるのに、飲まないなんて! 人生を楽しまなくちゃ!!」と。

イスラム教徒にとってこれがどれだけタブーなことかは想像つかないのだが、彼らの変化にとても嬉しくなった。音楽やダンス、美味しいものが大好きな彼ら。もう子供たちは高校生くらいの年齢かな? 今も「人生を楽しみたい」という考えはそのままで、無事で元気に暮らしていて欲しい。

 

話が逸れてしまったが、午前中は快晴だったパリ。日本大使館は凱旋門の近くなので一応パチリ。いつもよりは気持ち観光客は少ないような気がした。

凱旋門

メトロを乗り継ぎ、先月「お気に入りの場所」に加わった北マレ地区のファッション・デザイン・インテリア用品のセレクトショップ、merciへ。【その時の記事:パリあちらこちら【セレクトショップ・カフェ・マレ地区】

今回はクリスマスバージョン(*´▽`)ノ 赤でパンチが効いている♪ ただし、前回のような感動がなかった…もう麻痺してしまったのか、私。でもちょっとした雑貨を購入したり、欲しいものリストに加わったものがあったりそれなりに収穫。

パリのセレクトショップmerci

お昼はこのmerci内にあるUsed Book Caféでランチ。このお店の中にある古本は全て売り物とのこと。値段は2〜20ユーロくらい。

山羊チーズとハチミツとロケットのサラダ+グリルしたバゲットを頼んでみた。山羊チーズとハチミツってホント合うな♪ 食後に頼んだエスプレッソに一口大のレモンケーキが添えてあったのが地味に嬉しかった◎ 普通の水道水だけど、瓶にフレッシュミントを入れてくれたり、お店の人も頻繁に話しかけてくれたり、また来たいなと思わせてくれるカフェだった。

Used Book Cafe

今回merciへ来ようと思ったのは、先日のテロ現場が近いから。テロ後すぐはTellyに反対されて行けなかったけど、一箇所でもいいから手を合わせに行きたかったのだ。

merciから歩いて5分くらいで今回のテロで一番被害が大きかったコンサートホールBataclan(バタクラン劇場)に着く。

パリ・バタクラン劇場

↓ イーグルス・オブ・デスメタルの看板が掲げられたまま、11月13日で時が止まってしまったバタクラン劇場。

*他の記事でも触れているけど、イーグルス・オブ・デスメタルって「おもしろ系バンド」だったなんて想像もしていなかった。もっとドロドロした思想系のバンドかと思っていた。純粋に音楽を楽しみに来ていた人たちが被害に遭い、亡くなっていったんだ… ラジオ番組の書き起こしだけど、ニュースにはならない興味深い記事。 ☞ 町山智浩 パリ同時多発テロとイーグルス・オブ・デスメタルを語る

パリ・バタクラン劇場

テロから約2週間。時間が経ち、多くの花が萎れ、ロウソクが消え、メッセージが雨に滲んでいた…

メッセージを読んでいたら泣けてきて泣けてきて仕方なかった。KEEP ON ROCKING IN A FREE WORLD…

パリ・バタクラン劇場前にて

パリ・バタクラン劇場前にて

パリ・バタクラン劇場前にて

↓ この張り紙、フランスの新聞などでも大きく扱われていたので覚えていた。偶然前を通りかかり「あっ」と立ち止まる。

パリは再び立ち上がっている

パリは再び立ち上がる

 

この後、デパートのギャラリー・ラファイエットやプランタンへクリスマスの飾りを見に行ったのだが、記事が長くなってきたので今日はここまで。クリスマス写真の続きは次回ということで。読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

 

広告

コメントはこちらにどうぞ(*´▽`)ノ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中