ケチ夫婦にはマルシェは向かない+新居の近所の豪邸たち【日々諸々】

新居のあるパリ近郊北西部(Val-d’Oise県)。北駅まで電車で20分弱で行ける割に、車でちょっと行くと森や田園風景が広がったりしていて結構長閑だったりする。

住まい探しをしている時、一番心配だったのは治安だったけれど、この辺はどうやら大丈夫な模様。(まあこれだけは絶対とは言い切れないけれど) ただし、治安が悪いとされている界隈もあちこちに点在し、ちょっと車を走らせるだけで急に落書きが多くなり、ゴミが散乱しているような地域に入ってしまうことも。

引越し本番を終え、抜け殻のような生活を送っていたので、新居近くで週3回行われているマルシェにもまだ行けてなかった。天気はイマイチだったけど、散歩がてらマルシェへ行ってみることに。

過去3回のフランス生活ではマルシェにあまり縁がなく(貧乏学生にはスーパーの方が手頃でいいのだ…^^;)、籠を持ってマルシェで買い物なんて「なんてフランスちっくなの(*´▽`)ノ」と喜んだ私。

が、「NON」と言えない私たち、強引なチーズ屋さんにつかまり、高いチーズなどを買わされ、これ以上は無理〜!と逃げるようにマルシェを後にするT-T ←我ながら情けない (マルシェの場合、量り売りが基本なので品物のキロ単価を把握し、自分の買った物の重さが想像できないとお会計の時にビックリする可能性大)

庶民派ケチ夫婦。「やっぱりマルシェは雰囲気を楽しむために《見るだけ》にしようね…T-T」と反省。野菜や果物の値段もフランスの基準が分かってないので、スーパーの安値が頭に入ったらまた挑戦してみようと思う。新鮮なイカなんかも売ってたしね♪(最近イカが好きになった!)

マルシェからの帰り道、GPSを使いながら少し遠回りをしてみることに(徒歩)。車で走るだけだとなかなかゆっくり見ることができないのだが、なんだか素敵なお家がたくさんあった。

Tellyはこういうスタイルのお家が大好きなので、新築ではなく古い家をリフォームしたい派。私はこんな豪邸が買えるのならどーぞどーぞという感じだけど、我々が買える「古い家」は本当に古くて「ちんまり」した物になるだろうから、それなら新築で全部自分の好きなように建てたい派。

夢の家の話ですら意見が合わず、憧れのお家をギャーギャー喧嘩しながら通り過ぎる。まあでも歩いて行ける範囲に目の保養になるような豪邸がたくさんあるのは楽しいもんだ(。-∀-)♪

wpid-wp-1420532878743.jpeg

 

 

 

 

 

広告

コメントはこちらにどうぞ(*´▽`)ノ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中