無事入居→旦那倒れる→英国戻る→引越し本番→フランス戻る→疲労困憊(←今ココ)【日々諸々】

根無し草のような生活をしていたので、日本にも「戻る」、フランスにも「戻る」、イギリスにも「戻る」という言い方をしていた私たち。イギリスのアパートを引き払い、本格的にフランスに「戻ってきた」ので、これからはイギリスに「行く」という言葉を使うことになるんだなぁ…とこの記事のタイトルを書きながらしみじみ。

ようやく本日、我が家のネットが開通しました\( ̄∀ ̄*)/ ようやく、パリ近郊住まい探し以降のバタバタの日々が書けますT-T ホント、スムーズに行かないことばかりでした…

時々Twitterでつぶやいていたので、その時のツイートを混ぜながら、怒涛の日々を振り返ります(^◇^;)

 


新居に一泊しての感想。天井が高いので暖かい空気が全部上へ行き、寒い。古い建物なので床が軋む(^∀^;) お隣や上下のお宅の歩く音や話し声が結構聞こえる…私は平気だけど音にウルサイご主人様が耐えられるかちょっと心配(+△+;) でも屋根があるだけで幸せだと思わなければバチが当たる。2014年12月7日


フランスに来てからやっぱり英国は列をちゃんと作る国だったんだと再確認する。フランスの行列の秩序のなさってば…( -“”-;) 2014年12月7日


季節の覚え書き。パリ近郊北西部、現在8:51。外の気温1℃。日の出8:31、日の入り16:53。フランスに来て1週間。まだちゃんと太陽を見ていない… イギリスも11月は殆ど曇っていたし~(-゛-;)~ 2014年12月8日


イギリスのフラットは2箇所住んだけど、どちらも冷蔵庫・洗濯機・コンロ&オーブン完備だったので買う必要なし。フランスはアパルトマンによりけり違うけど新居は冷蔵庫と洗濯機を買う必要あり。あとベッドとソファーも英国で処分して持ってないので引っ越し費用と含めてものすごい出費…T-T 2014年12月8日


日曜日、フランスは一部のスーパーは午前中開いてるものの、基本的にお店はお休みだから不便になるなぁ…と思っていたらウチから車で10分くらいのIKEAなどがある界隈は電気屋・家具屋・スーパーなども普通に夜まで開いていた(*´▽`)ノ クリスマス前だから特別、なんてことじゃありませんように。2014年12月8日


20141208_1

新居の暖炉、その1。他の2つは可愛くないので写真は割愛。この一角が好きすぎてこのアパルトマンの難点はどうでも良くなってしまった。でもご主人様は1年くらいで引っ越しを考えている模様。私は次の引っ越しは家を買う時と言っているのだが…^^; 2014年12月8日

20141208_2

残念ながら窓から見える建物は中途半端に古い近代的なもの。窓からちょっと顔を出すとこちらの写真の建物が♪ 逆なら幸せだった。2014年12月8日


昨日、ご主人様の仕事2日目。早速倒れて、医務室がないので救急車で運ばれていたと聞かされた…T-T 引っ越しのバタバタや環境の変化から来るものだろうけど、明日からまた車でイギリスに戻り、引っ越し本番だというのに。やっぱり順調には行かないか… 2014年12月9日


何だかんだありつつ(ご主人様の体調と相談しながら)、何とか引っ越し本番のために車でイギリスの我が家に戻る途中。ようやく右走行に慣れたのに、フェリーを降りたらすぐに左走行で混乱中。サービスエリアのCOSTAを見て「ウチに戻ってきた」感がジワジワ。イギリスに対してこういう感情が沸くとは思わなかった(^∀^;) 2014年12月10日

サービスエリアのWHSmithでKrispy Kreme Doughnuts発見(*´▽`)ノ クリスマス仕様ということで、思わず買ってしまった。2人でこの量は多すぎるのは分かっているのだけど…^^; 2014年12月10日

wpid-wp-1418992083365.jpeg


引越し業者が荷物を引き取りに来るまであと1日。日本の友人が送ってくれたものの、我々の渡仏と行き違いになって受け取り損ねていた小包をようやく受け取る。(中に入れてくれたお煎餅に引越し中どれだけ慰められたかT-T ありがとうK(*´▽`)ノ)

郵便局に来ていたので、ついでに郵便の転送願を出そうと思ったら、100ポンド以上かかるとのことなのでやめた。どうせ届くものって広告ばかりだし… その後、銀行や諸々の手続きなど、結構やらなければならないことが多く、最後のパッキングや掃除などに取りかかれないまま時間だけが過ぎていく。ヤバイ。2014年12月11日

wpid-wp-1418992442364.jpeg

イギリスを離れる前に何としても行っておきたかった大好きなタイ食堂でランチ。ここは美味しいのだけど、入っている具材と味が全然安定しないのだ(。-∀-)♪ いつもはポーク入りパッタイ(Telly)と厚揚げ入りグリーンカレー(私)だけ頼むのだが、最後ということでチキンサテーも追加。

やっぱりどれも美味しいけれど、ゴロゴロ入っている野菜の顔ぶれが前回と違っており、今回食べたグリーンカレーが今までで一番辛かった!笑 フランスに引っ越すことをお店の人に伝え、「今まで美味しいタイ料理をありがとう!」とお別れする。2014年12月11日

wpid-wp-1418992448547.jpeg


引越し当日。午前中も片付けや箱詰めなどに追われ、午後3時頃引越し屋さんがやってきた。結構大きめのトラックで、我々の荷物(特に巨大なTellyのプラモ段ボール)が入りきるか心配だったが、これなら大丈夫なはず。来てくれたのは引越し会社の社長さんと若い男性2人、この3人がガンガン運んでくれるので我々は手出しする必要なし。その間、ペンキ塗りや最後の掃除などに明け暮れる。

夜、友達が会いに来てくれたので、フランスには持って行けない(無駄に重すぎて)食材や電化製品などを引き取ってもらう。10月末にフランス行きが決まり、まさか1ヶ月ちょっとで本当に引越しが完了してしまうとは思わず、使いきれなかった食材や、ストックしていた乾物や缶詰、調味料などが大量に残っていたのだ… これからはこういうストックは本当にやめようと猛省。2014年12月12日


イギリスからフランスに車で戻る日。朝7時にカーペットクリーニング業者の人たちがやって来た。イギリスのアパートは迷惑なことに玄関スペースまでカーペットが敷いてあって(トイレや風呂場までカーペットってお宅も多いし…( ̄ロ ̄lll))、ウチの不動産屋は「退去時にはプロの業者に頼むこと」というのが決まりらしく(領収書を提出しなければならない)、これがまた迷惑! 敷金から差っ引いてくれていいから、あちらでやってくれればいいのに(-“-;)

しかも、クリーニング業者の人たち、3部屋+廊下をサラーっと機械でなぞっただけで30分、100ポンドだって… これなら、自分たちで機械レンタルして(TESCOなどスーパーで借りられる)掃除したほうがよっぽど丁寧でキレイになるのに…ヽ(`⌒´メ)ノ

とにかくウチの不動産屋(イギリスの方)は敷金返金のジャッジが厳しく、今まで同じアパートに住んでいた人たちに聞くと、相当揉めた人が多いらしい。私たちは入居時よりもよっぽどキレイにして退去するのだが、どうなることやら?

【追記】その後、不動産屋から連絡があり、やはり難癖をつけられてTellyが激怒中…T-T もうイヤ… 2014年12月13日


フランスで引越し荷物を受け取る日。前日、というか夜中の2時頃にフランスの新居に到着した我々は、ヘトヘトな体の上、寝不足という最悪のコンディションのまま、午前9時の引越し屋さん到着を待つ。が、来ない… このまま引越し荷物持ってトンズラしてくれ…と心の中で思う。もうあんな大量な荷物いらない。リセットして、すっきり暮らしたい…

どうやらGPSが誤作動で、変な場所に向かってしまっていた引越し屋さん。何とか合流し、挨拶をしようと顔を見て愕然とする。前回、イギリスの荷物引き取り時に来てくれたのは若いお兄さん2人と50代くらいの社長さんだったのに、今回は社長さんとお爺さん…( ̄◆ ̄;)

フランスの新居は古くて小さなアパルトマンで、エレベーターはない。しかも狭い木の階段で引越し荷物を運び入れるのは大変だろうな…でもあの若い人たちが来てくれたら…と安心していたのに、今回は1人少なく、しかもお爺さん…orz

今回の引越し代、結構なお金がかかっている。でも自分たちで荷物を運び入れる大変さを考えれば…と渋るTellyを説得して実現したのに、これは荷物運びを手伝わないと人としてダメでしょ…という状態にT-T

11月中旬頃からほぼ休みなく毎日引越し準備に明け暮れ、しかもこの1週間ほどは車での長旅続きで精神的にも肉体的にも疲弊しきっている私たち。特にTellyなんて倒れて救急車だし…( ̄ロ ̄lll)

外の気温0度の寒空なのに、半袖で汗をかきながら荷物を運び入れる私たち(運動不足から来る腰痛持ち2人)。この時ほど物が捨てられないTellyを憎んだことはない。そして、もうこれからは絶対に荷物を増やさないと心に誓う。Tellyもよほど懲りたのか、「次の引越しの時は荷物運びだけじゃなく、パッキングも業者さんにやってもらうよ」とつぶやいていた。この言葉、忘れんなよ!と言いたい~(-゛-;)~ 2014年12月14日


今回の引越しで懲りたTellyとの約束で、全部の荷物を出さず、当面必要なものだけで暮らすことになった。おかげで狭い台所、殆どない収納でも何とかなる模様。ホント、これだけで暮らしていきたい。旦那のプラモも全て地下カーヴ(アパルトマンの部屋は狭いのだが、これが結構大きいのが救い)にしまうとのこと。確かにこれを出してしまうと生活するスペースが殆どなくなってしまう… 2014年12月15日


イギリスで使っていたネットサービスVirgin Mediaがやらかしてくれた。最後に通常の4倍以上の請求をし、引き落としていた模様。たぶん、モデムの返却についての意思の疎通が取れておらず、ウチで買い取ったことになっているのだろう。

解約の電話をTellyがしているのを側で聞いていたけど、モデムを返却せずに次の住人が使えるようにアパートに置いていってもいいですよ〜♪なんてノリだった担当者。モデムの買い取り金額などの説明はなく、そこに気づかなかった我々も悪いのだが、最後の最後までインド訛りの英語に泣かされることになるとは…(カスタマーサービスに電話するとインド訛りの担当者の多い事!) また1つ解決する必要のある案件が増えた(-“-;)  2014年12月16日


体力の限界。引越し荷物が大量すぎて片付けられない。しかも、私がパッキングしたものはちゃんと秩序が守られていたのに、最後にTellyが適当にパッキングしたものがメチャクチャでどこに何があるのかサッパリ… とりあえず、私の高級米、どこにあるの?(+△+;) 何でもいいからとりあえず美味しいお米が食べたいT-T 2014年12月17日


ようやく自宅のネット開通\( ̄∀ ̄*)/ 引越しに必要な手続きや問い合わせなどのためにスマホは1ヶ月通話&SMS無制限・ネット2Gで30ユーロのプリペイドを使っていたけれど、2Gなんて一瞬で消え去り…ネットの使えない期間、長かった…T-T 2014年12月19日

 

 

 

広告

コメントはこちらにどうぞ(*´▽`)ノ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。