イギリスを離れたら恋しく思うだろう物・食べ物・場所

なんだかんだと大変なこと、辛いことも多かった我々のイギリス生活。でも7年半以上経つと嫌でも慣れてくるもので、イギリスを離れる前から「これは恋しくなるだろうな…」「ここを離れたらきっと不便になるんだろうな…」なんてこともちらほら。

たぶん、本格的にフランスに腰を下ろすとまた違った「イギリスのほうが良かった!!ヽ(`⌒´メ)ノ」が出てくると思うが、今現在、私が想像する「イギリスを離れたら恋しく思うだろう」物やことがら。

 

【環境・場所】

◆ 歩いて行けるTellyの職場にはでっかい公園や湖があり、大きく1周すると1時間の良い散歩コース。季節を感じるのに最適。他にもサイクリングに良い自然公園が近所に。

◆ Tellyの職場には新しいジムがあり、そこの25mプールは天井がガラス張りで天気の良い日は本当に気持ちがいい。平日の午前中は人が少ないので1人で1コース占領でき、快適。泳げる距離がグングン伸びたっけ。

◆ 車で1時間ちょっとでコッツウォルズ(の北部)へ行けるし、車でちょっと行くと自然の豊かな英国カントリーサイドを楽しむことができる。

◆ 国立公園となっている山が近くにあり、やる気があればトレッキングなどに最適(結局全然行ってないけど^^;)。

◆ 有料の高速道路が殆どなく、サービスエリアは日本ほど充実はしていないけれど、最低限のお店、ファーストフード店、カフェなどがあるので、イギリスから車でフランスに戻るたびにフランスのSAの惨めさを嘆く。

◆ イギリスは教会や大聖堂など有料のところが多くて(無料でも寄付を求められることが多い)パリのノートルダム寺院ですら無料なのでイギリスに来たばかりの頃はびっくりしていたが、逆に大英博物館や多くの美術館が無料というのは衝撃だった。(フランスは教会や大聖堂は無料が多いが、美術館・博物館はガッツリ入場料取られる)

◆ そして治安… 私の住んでいる町はそんなに治安の良い場所ではないとのことだったけれど、怖い思いをしたことは一度もなく、ロンドンでもやはり怖い思いは一度もしたことがない。(これは被害に遭った人も多いので、私たちが何事もなかったことを感謝しなければ)

◆ これは書くか迷ったけれど… 物乞いをする人、署名詐欺をする人、物をいきなり手渡して料金を要求する人、タバコくれ!という人、ウチのような田舎町は無論、ロンドンでもあまり出くわしたことがない。(パリへ行くたびにこの多さに驚く)

 

【お店・物】

◆ 徒歩10分のところに24時間やっている大きなスーパーTESCOとSainsbury’s、オーガニックショップ、納豆や油揚げまで買えるアジアンショップがある。(前回のフランス暮らしの時は小さな半島に住んでいたので手に入れるのが本当に困難だった…)
【追記】書くのを忘れていたけど、イギリスのスーパーやお店は日曜日もやっている。これもすっかり当たり前の感覚に…(午後4時で閉まるし、一部のお店は日曜日も休みだけど、それでも日曜日お休みのフランスよりはお店の選択肢が!)

◆ 家の近くに美味しいタイ食堂があり、£5でグリーンカレーやパッタイなどが食べられる。

◆ (これからフランスに戻るのに何なのだが)記念日や誕生日ごとに訪れていた、お気に入りのカジュアル・フレンチレストランLe Bistro Pierre。イギリスを離れ、フランスに戻るのが残念な最大の理由はここに行けなくなること!(本末転倒?)

◆ 天気の良い日に行きたくなる、お気に入りのファームショップ。特にお花の季節は最高に美しく、そこで使われているフレッシュフルーツ入りのドレッシングが大好きだった。

◆ 結局あまり開拓できなかったが、イギリスのTea Roomsめぐりは楽しかった。料理はイマイチだけど、イギリスのお茶とお菓子は本当に美味しい。(日本人には甘すぎるけど)

COSTCO! せっかく会員証を作ったのに(世界中のCOSTCOで使えるとのこと)フランスにCOSTCOがない!!

 

【食べ物】

◆ 乳糖不耐症気味の現在では意味がないのだが、イギリスで紅茶を頼むと必ずミルクがついてくるのが地味に嬉しかった。イギリスでミルクティーに目覚める。

◆ ベジタリアン食が充実していること。日本の薄切り肉は大好きだけど、イギリスのお肉(特に塊)の味や匂いが苦手で、時々まったく受けつけない時が… ベジ用冷凍食品なども豊富だし、レストランやパブなどでも必ずベジ用があるので困ることは殆どない。(逆に乳糖不耐症のせいで乳製品抜きを探すのが大変という…^^;)

◆ 毎日飲んでいるDragonfly TeaEarl Grey Rooibos! 味も美味しく、色も美しく、カフェインフリー。夏はこれを冷やして(というか冷まして常温で)飲んでます。このシリーズのVanilla RooibosとTICK TOCKのRooibos Honey, Lemon & Gingerも常備。好きすぎて好きすぎて、ホントこれナシでどうやって生きていこう…T-T

◆ フライドポテトとグレイビーソースの組み合わせ! イギリスのパブや学食で知った庶民の味。特に学食で美味しくないものにお金を払うくらいなら、ポテト&グレイビーでいいや!といつもこれだった。KFCでもサイドが選べるときはグレイビーソース。イギリスにハマりきれなかった私が、唯一イギリス人に「馴染んでるね〜」と笑われたのがこれ。

ざっと思い浮かんだのはこんなところかな? これの逆バージョン「イギリスを離れても恋しくならないもの」はいくらでもあるのだが^^; 立つ鳥跡を濁さず、良い思い出、良い面だけを綴っておこう♪

 

 

 

広告

コメントはこちらにどうぞ(*´▽`)ノ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。