久しぶりにイギリスのまずいものに出くわした

イースターホリデー3日目の3月31日。今日から夏時間が始まり(といっても今朝の気温は2℃…)日本とイギリスの時差は8時間に。

寒いけれど珍しく晴れたし、どこか遠出しよう!と車で出かけかけたのだが…あれっ、普段は祝日でもお構いなしって感じで開いているスーパーもお休み。ガソリンスタンドですらやっていないところも…Σ( ̄ロ ̄lll)

そっか、今日はEaster Sundayだ。甘く見てたわ…^^; これじゃ遠出してもどこも閉まっているしつまらない。行こうと思っていたカテドラルの美しい町はまた後日行くことにして前から気になっていたティー・ルームでランチだけして家に戻ることに。

幸い、パブや(一部の)ティー・ルームなどは今日も営業中だった。

20130331_1

ティー・ルームの中にはアンティーク?ガラクタ?がてんこ盛り。感じの良いおばさまがオーダーを取りにきてくれたのだが、あまりに紅茶の種類が多すぎて選べないのでお勧めを訊いてみた。

私が濃いめの味が好きだと伝えたら「White Peony」を勧めてくれた。おぉ、Peony (*´▽`)ノ

私の大好きなお花、牡丹。それが理由でPeony PIVOINEを名乗らせてもらっている私。(Pivoineもフランス語で牡丹の意味) もちろんこれを選ぶ。そしてカフェインが×なTellyはカフェイン抜きの紅茶を。

20130331_2

キッチュな内装も気に入ったし、何十種類もある紅茶からPeonyを勧められた偶然が嬉しくてご機嫌だったのだが…

久しぶりに「イギリスの美味しくないやつ…」に出くわしてしまった( ̄◆ ̄;)

悪名高きイギリス料理だけど、イギリスに暮らして6年近く基本的に私が作るご飯を食べて生活しているので「イギリスでの食生活が酷い=私のご飯がマズい」ということになる(*`Д´)ノ

Tellyは外食であまり冒険をしたがらないので私たちが行く場所は殆ど決まっている。お気に入りのファームショップ、タイ食堂、料理で有名なパブ、カジュアルフレンチのお店…

これらは殆どハズレがないのでイギリスにいても美味しいものにありつけている私たち。すっかり口に合わない味を忘れていたのだが…^^;

食べた瞬間「あっ、これこれ! この味!」と思い出した(-“-;)

20130331_3

Tellyが選んだのはPloughman’s Salad(チーズとパンとBranston Pickleとサラダのプレート)。

まずパンが美味しくない(^∀^;) そして私たちはBranston Pickleの味が大の苦手… (プレート真ん中の茶色いやつ。色んな野菜がゴロゴロしているのだが塩辛いし、匂いも変だし、何より味が…)

そしてTellyはドライフルーツ入りのチーズに顔をしかめる。(これは私はアリだと思うのだが、ヤツはチーズに甘いものを合わせるのが許せないらしい)他にもタマネギ丸ごとのピクルスや、生のスプリングオニオン丸々1本とか… とにかく色んな味が喧嘩している状態…^^;

私が密かに味オンチだなこの人…って思っているTellyは基本的に食べものを「まずい」と言わないのだが今日は涙目になりながら我慢して食べている。(食べものを無駄にするのが死ぬほど嫌いなので、それでも食べるが…)

一方、私が選んだのはジャガイモとリークのスープとパンのセット。

スープの色を見た瞬間、ヤバい乳製品使ってる!と気づくが時すでに遅し。(乳糖不耐性のため、乳製品の摂取は危険な私)あとは家に帰るだけなので食べてしまえ!ヽ(`Д´)ノ

こちらも食べた瞬間「あっ、この味、きたか〜Σ(^∇^;) 」となる。

どう言葉で表現したらいいのか分からないのだが、例えばお味噌汁を作るのに出汁を取らず味噌を入れただけのような物足りなさ… って感じで想像してもらえるだろうか?

とにかく旨味が足りないのだ。これってイギリスのインスタントスープなんかを飲んだ時にも感じる味気なさ。(家でこういうスープを飲む時はだしの素をちょっと入れてごまかす)

あぁ、今回は二人とも料理の選択をミスったな…~(-゛-;)~ もっと確実なジャケットポテトとか、サンドイッチとかを頼めば良かった。あるいはクリームティー(紅茶・スコーン・クロテッドクリーム・ジャムのセット)だけとか。

こちらのティー・ルームの名誉のためにも言っておかなくちゃ。たぶん私たちの選んだ料理以外はきっと美味しいんだと思う。きっと私たちの味覚が変(?)だから口に合わないとボヤくのだろう。←百歩譲った

私たちは苦手だけどBranston Pickleを美味しいと言う日本人もいるし、我々の個人的見解ということで、英国料理のファンの方々お許しを。

 

 

 

広告

コメント1件

  1. ピンバック: イングランドのティールームめぐり:The Tudor of Lichfield | sam:suffit

コメントはこちらにどうぞ(*´▽`)ノ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中