イングランドのティールームめぐり

良く晴れた土曜日。週末だけは「片づけ祭り」を忘れて、羽を伸ばしに行こう!

日本から持ち帰った雑誌「イングランド50軒のティールームめぐり」を見ていると、イングランドのあちこちへ出かけ、ティールームめぐりがしたくてたまらなくなるのだ。

残念ながらこの雑誌には、ウチの近辺のティールームは載っていない…この雑誌を活用できるのは、もうちょっと暖かくなって小旅行ができるようになってからだな。とりあえず、今はドライブで行ける距離にあるティールームを開拓しよう。

今回は時間がなくてゆっくりとお店を吟味することができなかったけれど、訪れた人たちの評価がまあまあ高いお店へ行くことに。ただし、お店のサイトもないし、建物の写真も料理の情報も得られなかったので、到着するまでちょっとドキドキ。

Brook Farm Tea Rooms
3 Brook End Derby DE65 6FW UK

20130216_1

田舎道を走り、石造りのお家が可愛らしい田舎町に到着。ティールームはちょっと隠れた場所にあるけれど、適当に選んだにしては楽しいドライブ風景だった。

建物は、石造りのシンプルなもので、年配の方が集まるティールームにありがちな、ちょっと時代を感じる内装。

もっとレトロを極めたら可愛くなるのに、この中途半端な古さがイングランドの田舎町らしいというか…(^∀^;)

20130216_2

お料理を待っている間、私は写真をカシャカシャと、Tellyはこの界隈を特集している雑誌をパラパラと。

何だか素敵な家具屋さんが近くにあるらしいので、ランチを食べ終えたら行ってみようということになった。……物を減らしている最中だ。絶対に誘惑に負けないぞ!と心に誓いつつ……

20130216_3

Tellyはポークソテー&スティルトンチーズソースと温野菜(グレービーソースつき)のセット。私はベーコンとブリーチーズとクランベリーソースのバゲットサンドとサラダのセットを。

現在、皮膚疾患の改善のため半ベジ状態(魚介は時々)、プラス乳糖不耐性気味のため、乳製品は避けた方が良い私…正直、選ぶものがなかった…(+△+;)

……最初はジャケット・ポテト(ベイクドポテト)にツナのトッピングにしようと思ったのだが、売り切れだったのだ……

ベジタリアン人口が多く、ベジにとってかなり暮らしやすいイギリスだが、野菜オンリーの料理はチーズやクリームを使って食べ応えを出すことが多いので、ベジで乳製品もダメ、となると選べる料理が殆どなくなってしまうことに気づく…orz ……ヴィーガンって本当に大変!……

出先で具合が悪くなるとマズいので、サンドイッチは半分だけ食べてTellyに渡す。

ブリーチーズとクランベリーソースの組み合わせって大好きだし、せっかくティールームに来ているのだから、ミルクティーが飲みたいところだけど、(イギリスでは紅茶にミルクを入れるのがデフォ)それすらも危険すぎて出来ない…T-T

悶々としている私を横目に、Tellyはお肉もソースもかなり美味しくてご機嫌。しかも、ティールームには可愛い女の子が何人か働いていたので更にご機嫌。チッ(*`Д´)ノ

 

 

 

広告

コメントはこちらにどうぞ(*´▽`)ノ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中