16年間欲しかったものがやっと…

年がバレるのだが、私には16年間欲しかったものがある。
それはフランス映画『エリザとエリック』のサントラ。

jda

現代版『恐るべき子供たち』と呼ばれるこの作品。
色使いがポップで、私の大好きなPierre et Gillesのポストカードを思い出すような映画。

フランスに片思い中の私にとっては衝撃的な出会いだった。
これが縁でジャン・コクトーに興味を持ち、大学の卒論はコクトーでと決心したのもこの映画がきっかけ。

本当に大好きな映画で、今まで観た回数は数え切れないくらい。
物悲しいテーマソングもとても好きで、絶対にサントラは手に入れなければ!と思っていた。

1987年公開のこの映画、公開当時に出たサントラだったのだが、私が観た1990年にはすでに廃盤。
それでも欲しいので、在庫がないかどうかあらゆるCDショップを探しまくる(地方だけど)。
もちろん取り寄せも数回試みる。

でも手に入らない。。。

もうこうなったら意地。とにかくCDショップを見かけたら入って探す。
フランスへ初めて行った1994年も、ブランド巡りをしたい友達と別行動で私はCDショップ巡り。

でも、フランスでは殆ど知られていないこの映画、サントラなんて見つかるはずもなく…

1997年からフランスに暮らし始め、やっぱりサントラ探しは続行。でも見つからない…

数年前、ネットで中古CDを販売しているサイトで見つけたんだけど、売り切れ…
そのうちサントラを探すのも諦め、そんなことすらすっかり忘れてしまっていた。

そして数日前、友達の日記で『エリザとエリック』の名前を見て久しぶりに思い出す。
で、検索してみるとYahoo!オークションに出品されているこのサントラを発見!

もう中古でも何でもいい、とにかく欲しい!!

で、入札したものの、終了まであと4日もある。
ここで日記に書きたい気持ちは山々だったんだけど、心ない人に値段を吊り上げられたり邪魔されたらヤダな~と思い一人心にしまって「早く日曜日の夜になれ~!」と思っていた。

で、結果は…

みごと1800円で落札!!
っていうか、入札者は私だけ(笑) 焦って損した。

まだ手元に届いていないんだけど、とにかく16年手に入れたいと願い続けていたものが手に入る嬉しさは言葉では表しきれない。

早速映画を見直して、音楽もチェックし、サントラゲットの準備は完了。

どうか、どうか無事に届きますように。

jeuxdartifices

【追記】 その後、無事このCDは届きました♪
ホントに長年の思いの詰まった1枚。何だか泣けて仕方がない。もう最高☆★☆\( ̄∀ ̄*)/

広告

コメント1件

  1. A子

    知らないです、この映画、
    今度観てみたいです。
    フランス映画で好きなのはたくさんありますが、アメリとか、フランス語のタイトル忘れましたが、
    飼い猫を捜しながら近所のおばあさんのネットワークが広がっていく話しのとか、とにかく映画は好きなので
    絶対に興味深々です。
    他にお勧めの映画があれば教えて下さい。

    いいね

    • A子さん、こんにちは〜(*´▽`)ノ 『エリザとエリック』、フランスで見つけるのは至難の技かもしれません💧 今までフランス人でこの映画のこと知っている人に会ったことないですもん。逆にフランス好きな日本人の間では(80年代の映画に詳しい人)では結構有名な作品なんですよね。私は大好きですが、無理やりこの作品を見せた友達の反応はイマイチだったりするので、もし見る機会があってもあまり期待せずにお願いしますね(-∀-;)笑

      猫の映画はChacun cherche son chatかな? 私、この映画見たことないんですよね。フランスに住み始めた頃にちょうど映画館でやっていたんですが、見る機会のないまま… ウチの町のメディアテークにDVDありそうなので、今度見てみます(〃⌒ー⌒)/  私はここ10年くらい、殆ど映画を見てなくて💧最近のフランス映画はまーったくなんですよ。学生時代は70年代、80年代のフランス映画が好きで、『DIVA』とか『なまいきシャルロット』とか中途半端な古さの映画をよく見ていました。久しぶりに私もフランス映画見てみようかな〜

      いいね

  2. A子

    そうです、猫の映画フランスタイトルでは、chacun cherche son chatです!
    ハリウッド映画のようにお金かかってませんが、素朴で本当のパリが見える映画です、お時間あったら是非ご覧ください。
    エリザとエリックサイト見ましたが面白そうです、私こうゆうの好きかもです。
    デリカッセンとかも好きですから、
    あと、僕のバラ色の人生ご存知ですか?主役の男の子の可愛いこと演技もサイコーでした。。
    最近の映画ではベビーシッター2・3年前の映画ですが上司の家の息子のベビーシッタ〜に行ってイロイロは
    ことが起こる映画ですがお勧めです。
    なんと、私この俳優さんにカルフールのチーズ売り場で遭遇、写真撮らせて頂きました(自慢)
    ああっ早くみたいです、エリザとエリック。。

    いいね

    • Chacun cherche son chatで使われたPause Caféというカフェがパリにあるというのはチェック済みで、いつか行きたいな〜なんて思っていたんですよ。まずはこの映画を見なくちゃ(。-∀-)♪

      A子さん、『デリカテッセン』が大丈夫なら『エリザとエリック』も大丈夫かな〜 私もジャン・ピエール・ジュネの映画は大好きですよ♪ あの人の映画の色合いが特に好きです。

      『ぼくのバラ色の人生』は公開当時見ました♪ 色合いが可愛いかったのは覚えているんですが、内容はすっかり忘れてしまって…(-∀-;) この辺の作品もメディアテークにありそうなのでフランス語の勉強がてら見てみようと思います。きっかけをくださってありがとうございますね、A子さん♪

      そして、『Babysitting』見たことないです。邦題すごいですね💧 『真夜中のパリでヒャッハー!』ですって… Philippe Lacheauって俳優さんかな?A子さんがCarrefourで会ったのは。私だったら絶対に気づかずにスルーしていただろうなぁ… 写真、今度見せてくださいね(*´▽`)ノ 近々、実際にお会いできるのを楽しみにしていますよ!(今からメールのお返事も書きますね★)

      いいね

コメントはこちらにどうぞ(*´▽`)ノ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中